アルペジオ練習

バッキングの必須テクニック、アルペジオの弾き方の説明です。後半ではソロへの応用の仕方を紹介していますので参考にしてください。

コードを押さえるときのコツ

アルペジオでは、音がつながって聴こえなければならないため左手の指の押さえ方がかなりシビアになってきます。隣の弦に触れないよう指を立て、一つ一つの音をしっかりと出していきます。画像はCコードの例です。

Fなどのバレーコードでも、セーハしていない指は立てて押さえます。コードが苦手な方は、はじめにすばやくコードを押さえられるようにしてから練習するといいと思います。

左手のコツ

右手のフォーム

ソロなどもそうですが、右手が安定しやすいよう小指をピックガードやボディーにつけて弾くと弾きやすいです。なるべく手首を動かさず、指の動きだけでピッキングできるようにすると良いでしょう。

アルペジオフォーム

基本的なアルペジオのパターン

バッキングなどでよく見るアルペジオのパターンです。無駄な動きをせず、しっかりと拍をとりながら弾けるようにしましょう。

ピッキング方法は、基本的には上下交互に行うオルタネイトですが、慣れてきたらエコノミーを混ぜてもいいと思います。自分の弾きやすい方法を探しましょう。

音源マークアルペジオ練習音源NO.1

アルペジオ音源1
アルペジオ音源2

アルペジオでは、ほとんどの場合コード内の音を重ねていきます。そのため、コードがしっかりと押さえられていることと、ある程度いろいろな種類のコードを押さえられるようにしておくと楽に弾くことができます。

また、ピッキングパターンもいくつもあるため、たくさん曲をコピーして様々なピッキングパターンを経験しておくと良いと思います。

ソロへの応用

アルペジオは、バッキングだけでなくソロでも使えます。下の音源はエレキギターでよく使われるハイポジションでのアルペジオを若干崩したソロです。コード進行は先ほどと同じですが、いろいろなテンション音やスケールを交えながら弾いています。

音源マークアルペジオ練習音源NO.2

アルペジオ音源3
アルペジオ音源4

このようなソロは、様々な曲をコピーしたり、自分でコードを崩して遊んでいくうちに作れるようになっていきます。ですが、さらに独創的なコードパターンでのアルペジオソロなんかを弾きたいという方は、音楽理論を学んでみることをおすすめします。


注)
制作中のため、下のリンクがつながってないかもしれません。
その場合はこちらからどうぞ! → トップページ